×メニューを閉じる

レインズ登録と登録証明書

レインズ登録と登録証明書

登録証明書はいただかれましたか?

不動産の売却を不動産会社に締結すると、一定の期間を経過することで不動産の売却情報を他の不動産会社さんに公開しないといけません。

それが「不動産流通機構(レインズ)」への登録義務です。

窓口の不動産会社が資料を他の不動産会社に提供せず抱え込むと、他の不動産会社さんが物件を紹介出来なくなり、せっかくの売却チャンスを逃してしまうことのないよう、このように情報を公開しなければいけません。

情報を登録すると、それを証明する「登録証明書」が発行されます。登録後は売主さまにこちらの登録済証をお渡しする流れになります。

レインズ登録と登録証明書

こちらが不動産流通機構のホームページです。

登録証明書が発行されますと、売主さま専用の確認ページにアクセスすることが出来ます。ここでは「売却依頼主用」というボタンをクリックします。

 

レインズ登録と登録証明書

こちらが売却依頼主用物件確認のログイン画面になります。

真ん中の「ログイン画面へ」というボタンをクリックします。

レインズ登録と登録証明書

このように確認用IDとパスワードを要求してきますので、不動産会社さんからいただいた「登録証明書」の左下のIDとパスワードを入力します。

レインズ登録と登録証明書

このように登録されている内容が確認できます。

上の「取引状況履歴」を押していただくと、現在の販売状況が確認できます。

レインズ登録と登録証明書

こちらが取引状況履歴です。

こちらの物件では現在「公開中」となっております。これはまだお申し込みが入っていないということを示しております。

申込が入ると「書面による申込あり」という内容に変わります。

気を付けなければいけないのは、不動産会社さんから「案内が全くありません」と業務報告にもかかわらず、取引状況履歴には「書面による申込あり」となっている場合、窓口の不動産会社さんが情報を止めている可能性がありますので、ご注意ください。

これを業界用語で「囲い込み」と言いますが、この話はまた後日させていただきます。

レインズ登録と登録証明書

一覧に戻る »