×メニューを閉じる

よくあるご質問

  • Home
  • よくあるご質問

よくあるご質問

不動産売却におけるさまざまな疑問は、乙訓地域(向日市・長岡京市・大山崎町)で対応する「おとくに不動産売却センター」までお問い合わせください。経験豊富なスタッフが、専門用語を使わずわかりやすく説明させていただきます。以下では、そんな当社に寄せられる“不動産売却のよくあるご質問”をQ&A形式でまとめました。現在、不動産売却をご検討中のお客様は、ぜひ参考までにご覧ください。

不動産売却について

Q不動産売却の際、用意しておいたほうがいい書類はありますか?
A

ご本人による売却の場合は、以下の書類をご用意ください。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記済権利証
  • 実印

なお、現住所と登記上の住所が異なる場合は、住民票などのご提出をお願いする場合があります。詳しくは、担当よりご説明を差し上げます。

Q販売活動とは、どのようなことをするのでしょうか?
Aインターネット広告への出稿や、チラシ、不動産情報誌への掲載、地域住民の方へのご紹介などがございます。もちろん、売り主様にご希望がある場合はその内容を反映させた販売活動も可能です。お気軽にお申し付けください。
Q近所の人に売却のことを知られたくありません……
Aご要望次第では、当社独自のネットワークによる販売活動も可能です。売り主様のご都合に合わせ、秘密厳守で進めますのでどうぞご安心ください。
Q売却代金がもらえるのはいつですか?
A一般的に、売却代金の支払いは売買契約時と引き渡し時の2回に分けられます。売買契約時には手付金として5〜10%。引き渡し時には、残金が支払われます。なお、契約から引き渡しまでの期間については、当社が間に入り調整を行います。金額の割合についても交渉次第となりますので、詳しくはご相談ください。
Q売却前にはリフォームをするべきでしょうか・
A現在の不動産の状況や買い主様のご要望により、リフォームの必要性は異なります。まずはお気軽にご相談ください。また、リフォーム工事の手配なども当社がサポートいたします。

不動産の査定について

Q査定をお願いした場合、費用はかかりますか?
Aご本人が所有されている不動産の売却をご検討中であれば、査定はすべて無料で実施させていただきます。どうぞお気軽にお申し付けください。
Q査定ではどのようなことをするのですか?
A不動産の審査は「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定(現地査定)」の2種類があります。前者は、市場動向や実勢価格、成約事例などを調査した上で、概算の査定額をお伝えするものです。一方、訪問査定は実際に当社スタッフが現地に訪問し、日当たりや風通し、お部屋の状況など、物件の詳細な状態を確認した上で査定を行います。より売出価格に近い額をご提示できるのが特徴です。まずは相場を知りたいという方には机上査定を、具体的に売却を決められている方には訪問査定をおすすめしております。
Q査定金額が出たら、その金額でしか売れないのですか?
Aそのようなことは一切ありませんので、ご安心ください。不動産の売出価格・売却価格を決定できるのは売り主様だけです。ただし、査定価格についてはそのエリア・タイミングにもっとも適した額を不動産売買のプロが客観的に評価したものです。この額を大きく上回る場合には、売却成立までにお時間を要する可能性が高くなりますのでご留意ください。

売却にかかる費用について

Q不動産売却でかかる費用にはどのようなものがありますか?
A

売却する不動産の条件等によって異なりますが、主な内容は以下です。

  • 譲渡所得税・住民税
  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 住宅ローン返済関連(抵当権抹消費用・司法書士手数料など)

詳しくは、「不動産売却の基礎知識」をご覧ください。

Q途中で売却をやめたとしても、仲介手数料はかかりますか?
A仲介手数料は不動産会社が受け取る成功報酬です。不動産売買契約が成約に至らない場合は、一切請求することはございませんのでご安心ください。
Q販売活動で使われる広告費用は誰が負担するのですか?
A基本的な広告費はすべて不動産会社が負担します。ただし、お客様からのご要望によって特別な広告を出稿する場合には、実費をお支払いいただく場合がございます。もちろん事前に料金等についてしっかり説明を行った上で実施いたしますので、ご安心ください。