×メニューを閉じる

相続でお悩みの方(空き家・空き地)

  • Home
  • 相続でお悩みの方(空き家・空き地)

相続・空き地・空き家問題の解決について

相続や、それに伴う空き家・空き地でお悩みの方に向け、乙訓地域(向日市・長岡京市・大山崎町)で対応する「おとくに不動産売却センター」が、問題解決のポイントをご紹介します。相続物件や空き家・空き地の放置にはさまざまなデメリットがございます。不動産売却は、これらを解消するのに効果的な方法です。

相続前に抑えておきたいポイント

誰が受け継ぐのか?

誰が受け継ぐのか?

相続では、法定相続人が遺産を受け継ぐものとお考えの方も多いでしょう。しかし実際には、遺言書によって相続先を別の人にしたり、遺産に含まれる借金が原因で相続を放棄させたりといったケースも考えられます。

そのため、相続前には“誰が受け継ぐのか”という部分を明確にしておかなくてはなりません。これが決定しない限りは、財産が宙に浮いた状態となってしまいます。また、それぞれの場合の手続き方法についても確認しておくべきでしょう。

分配の割合はどうするのか?

分配の割合はどうするのか?

遺産の分配割合は民法によって決められています。法定相続人の数など、シチュエーションごとに法定相続分が定められていますので、基本的にはこれに従うことになります。

ただし、何らかの事情により、民法で定められた分配割合と異なる割合を適用したい場合は、遺言書の用意が必要です。なお、相続人同士が話し合いを行い、民法とは異なる割合で遺産分配を行うこともできます。

相続税を払えるか?

相続税を払えるか?

近年、相続税の基礎控除額が大きく引き下げられたことで、課税のハードルが大幅に下げられました。従来であれば関係のない話であった相続税が、多くの家庭に対して身近なものとなっています。とくに都市部に自宅や土地がある場合は、不動産の評価額が高騰している可能性もあり、思わぬ相続税に悩まされるケースも少なくありません。

なお、相続税は現金一括納付しか認められません。さらに、期限は相続人が被相続人の死亡を知った1年後。この資金を捻出できず困ってしまったという方も多いようです。

空き家の問題点

空き家の問題点

人が住まないことになって実際の家屋には深刻なダメージが生じ、外壁が崩れたり屋根に穴が空いたりといった問題が放置されています。このままの状態が続けば、倒壊の危険性もあるのだとか。そのほかにも、「第三者へ危害を与える可能性」が指摘されます。実際に、市民からの苦情も後を絶えません。

今後も、向日市における空き家の数は増え続けることが予想されます。放置によってもたらされるデメリットやリスクを考えれば、不動産売却をはじめとする何らかの対応が求められます。

空き家・空き地を売却した方がいい理由

高い固定資産税などを払わなくて済む

高い固定資産税などを払わなくて済む

空き家や空き地には、所有しているだけで発生する固定資産税や都市計画税があります。これでは使ってもいないのにランニングコストがかかっているのと同じです。

さらに、2015年5月から施行された空き家対策特別措置法では、「特定空き家」に認定され勧告を受けると、その前に比べて約5倍の税金が発生するようになりました。将来的に活用の予定があればよいですが、ただ放置しているだけで毎年ここまで高額な税金を納めるのは非経済的。早めに売却を行い、ランニングコストのかからない現金にしておくのがおすすめです。

維持費がかからなくなる

維持費がかからなくなる

家は人が住んではじめて“生きる”と言われています。とくに木造建築の場合は、空き家になると虫の被害が多くなり、急速に劣化していきます。さらに、たとえば屋根瓦やタイルなどが経年劣化によって剥がれるようになれば、自分だけの問題では済まなくなります。もしもこれらが落下し通行人に当たるなどすれば、所有社が損害賠償に応じなければなりません。

そのほかにも、不法投棄場所として使われたり、犯罪の温床になったりといったケースもあります。これを回避するには、業者に空き家のメンテナンスを依頼するといった方法もありますが、税金と合わせるとかなりのコストになってしまいます。

解体費用の請求がなくなる

解体費用の請求がなくなる

もしも現在所有されている空き家に過度なダメージが加わっている場合は、空き家対策特別措置法の下で行政執行による強制解体が行われます。問題は、この費用。行政が強行しているものの、解体にかかった経費はすべて所有者に請求されます。

なお、強制解体の前には事前勧告がありますが、結果的にかかるコストは変わりません。ただし、命令違反とみなされれば最大50万円の罰金も課されてしまいます。このように、特定空き家になってしまった時点で、税金と解体費がかかってしまうことを忘れないようにしましょう。

おとくに不動産売却センターができること

当センターでは相続診断士の資格を持つスタッフがおりますので、相続全般のご相談もお客様の立場に立ってお答えすることができます。