×メニューを閉じる

高く売りたい方(仲介売却)

  • Home
  • 高く売りたい方(仲介売却)

仲介売却について

不動産物件をできるだけ高く売りたい! そうお考えの方には、仲介売却がおすすめです。じっくり時間をかけて条件に合った購入希望者様を探し、ていねいな交渉を経て売買契約を締結。それにより、市場相場に近い価格での不動産売却が実現します。こちらでは乙訓地域(向日市・長岡京市・大山崎町)で対応する「おとくに不動産売却センター」が、仲介売却の基礎知識について解説します。

仲介売却とは

仲介売却とは

不動産売却にはいくつかの種類があります。そのなかでも、仲介売却はもっとも一般的に用いられている手法です。売り主様から仲介売却を依頼された不動産会社は、物件の情報をチラシやポータルサイトなどに掲載し、購入希望者様を探します。内見などを行った後、購入希望者様からよいリアクションが得られれば、その後は売買条件の交渉を開始。なお、交渉は不動産会社が代行することもあります。

そして最終的に売買契約を結ぶ段階でも、不動産会社が売り主様と買い主様、それぞれのサポートを行います。このように、仲介売却とは、不動産会社が不動産売却に関わるさまざまな施策や手続きを仲介する方法です。

仲介売却のメリット

仲介売却のメリット

仲介売却ではじっくりと時間をかけて購入希望者を探します。そのため、不動産買取に比べて市場相場に近い価格で売れる可能性が比較的高い点が大きなメリットです。

不動産買取では、不動産業者の提示額から多少の交渉はあるものの、大きく売却額が増えることはありません。また、市場相場よりはいくらか安い価格での売却となるのがほとんどです。

一方、仲介売却の場合は売出価格を決めるのはあくまで売り主様です。もちろん、あまりに高額で売出を行えば購入希望者様が見つかりにくくなるといった可能性もありますが、売却成立に至ったときの満足度は非常に高くなるでしょう。

REINS(レインズ)の機能と仕組み

仲介売却では、一般媒介契約を除き、REINSと呼ばれる不動産ネットワークへ不動産情報を登録する義務が発生します。では、このREINSとはどのようなものでしょうか?

「家を買いたい」と思った人がはじめに行くのは、ほとんどの場合不動産会社です。依頼を受けたスタッフは、お客様の要望に沿った物件を見つけなくてはなりません。そこでREINSが活用されます。

平成2年5月に導入されたREINSには、全国の不動産会社から不動産情報が届いています。そこにお客様が気になる物件があれば、自社以外の不動産会社が取り扱う物件であっても、情報の収集や取り寄せが可能になります。このように、REINSを利用することで全国の不動産会社がつながり、相互に情報を検索・表示できるようになるのです。

REINS(レインズ)の機能と仕組み

媒介契約とは

  メリット デメリット
一般媒介契約 ほかの契約と異なり、複数の不動産会社に対して仲介の依頼が可能です。これにより情報露出が増えれば、売買成立の可能性も高まります。また、もしも売り主様ご本人が買い手を見つけてきた場合は、仲介不要で売買契約に臨めます。 複数の不動産会社に依頼していることが分かっているため、不動産会社としては積極的な販売活動を避ける傾向にあります。また、不動産会社側に課せられる義務は少なく、REINSへの登録も任意となってしまいます。
専任媒介契約 仲介を1社のみの不動産会社へ依頼することになるため、積極的な販売活動が期待できます。また、2週間に1回以上という報告義務が不動産会社に対して課せられる点や、REINSへの登録が義務になる点の安心要素のひとつです。 契約が1社だけとなってしまうため、販売活動をその不動産会社に頼りっきりになってしまう点はデメリットと言えるでしょう。また、競争が起こらないため、不動産会社選びを誤ると活発な販売活動が行われなくなる可能性もあります。
専属専任媒介契約 基本的な内容は専任媒介契約と同様です。ただし、専属専任媒介契約になると報告義務の頻度が1週間に1回以上と増えます。不動産会社側に課せられる義務も重たくなるので、その分積極的な販売活動が期待できます。 専任媒介契約は、売り主様が買い手を自身で見つけた場合は、自由に売買契約が可能です。一方、専属専任媒介契約ではこれが認められていません。自身で見つけた買い主様であっても、不動産会社が仲介に入ることになります。

仲介売却の流れ

Step1.相場の確認

まずは売り主様ご自身で、所有する不動産がどれくらいの価格で売れるかの相場を確認しましょう。地域における近しい条件の物件の実勢価格(実際に売れた価格)や、現在売り出されている物件の価格を参考にしてください。

Step2.売却相談・物件調査・価格提示(査定書提出)

Step2.売却相談・物件調査・価格提示(査定書提出)

不動産会社に売却の相談を行います。要望などを細かく伝え、仲介売却が適切だとなれば
査定に移ります。調査終了後、不動産会社から査定書が提出され、そこに査定額が記載されます。この時点で不明点があれば、担当者に納得できるまで質問するようにしましょう。

Step3.媒介契約の締結

不動産会社が提示した査定額や取引条件に納得ができたら、媒介契約に進みます。媒介契約には一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があります。どれが今回のケースで最適かをよく相談しながら、締結に臨みましょう。

Step4.販売活動・交渉

Step4.販売活動・交渉

売買契約の締結後は、不動産会社による販売活動が行われます。新聞やチラシ、インターネットへ不動産情報を掲載。買い主様が見つかった後は、売買条件に関する交渉が行われます。

Step5.売買契約

不動産売買の交渉が完了し、売り主様と買い主様との間で合意がなされた後は、売買契約の締結に移ります。金額などの基本項目のほか、家の引き渡し方法(家具を残すか、撤去するかなど)などについても細かく取り決めます。

Step6.代金授受・物件引き渡し

Step6.代金授受・物件引き渡し

買い主様から売却価格のすべてが振り込まれた後は、いよいよ物件の引き渡しです。なお、代金授受が済んだ時点で、抵当権の抹消や私有権移転などの登記申請も合わせて行います。これらが完了した後、契約書の定める期日に引き渡しを実施します。

Step7.譲渡税の納付

不動産売却によって利益が発生した場合には、譲渡税のほか、所得税・住民税がかかります。そのため、売却の翌年に確定申告を行います。申告は翌年の2〜3月なので、忘れずに実施してください。